住宅FCに加盟すればブランド力を活かしてさらに売上を伸ばせる

住宅価格査定

工務店が住宅FC加盟で得られるメリット

家とコイン

その土地の人々の暮らしに深く根付いた中小工務店が、注文住宅ビジネスの世界で安定した経営を行い、かつ長きにわたり成長していくには、優れた商品力や建築プランの提案力が必要不可欠です。また、業界において価格競争力を維持し、盤石の経営基盤を築くためにも、住宅FCへの加盟が推奨されます。ここではフランチャイズ本部のブランドのアドバンテージを活用していくメリットについて具体的に紹介します。
まず、住宅FCの契約先である本部には、住宅建築及び販売のノウハウがその企業の強みとして凝縮しており、特に豊富な商品群を活用できる点は中小工務店にとっての営業力向上に直接アプローチできます。また、現代において注文住宅を建てようという人の目的は多様化してきており、工務店は設計からデザイン、建築素材選びにおいても他社とは差別化されたオリジナリティあふれる提案が重要となっています。
工務店が住宅FCに加盟すれば、本部が展開している企業独自の素材やデザインを活用したプランを販売時の即戦力として利用することが可能です。このように住宅FCは、注文住宅をめぐる消費者の様々なニーズに対して、幅広く柔軟に対応できる手段として注目を集めているのです。

トレンドを素早く取り入れることができる住宅FC

大手住宅メーカーの強みの一つが、トレンドを取り入れた家造りができることです。大量仕入れにより、最新の設備なども通常よりも安く入手できることは少なくありません。さらに、メーカー自体が開発した高性能な資材や設備を使った家づくりも可能となります。工務店でも、そんなトレンドを取り入れた家づくりをしたいという場合は、住宅FCを検討してみると良いでしょう。
住宅FCを利用すれば、大手メーカーがこれまでに培ってきた営業や施工に関するノウハウを学ぶことができるだけでなく、メーカーが使っている資材を使った家づくりができるようになります。そのメーカーがトレンドを元に仕入れた資材も、同じように使うことができるため、住宅FCを活用すれば常に最先端の家づくりができるようになるでしょう。そして、お客様に対しても自信を持って住宅や設備に関する提案ができるようになるというメリットが生まれます。
勿論、ブランド力を使うためには、住宅FCを結んだメーカーのイメージを損ねない住宅を建てる必要があるなど、施工に関する自由度は多少損なうことになります。ただ、メーカーならではのノウハウや資材を使えるなど、それ以上に得られるものは多いため、工務店の経営をより良いものにしたいのなら住宅FCを考えておくと良いでしょう。

資材調達力を高めることにも繋がる住宅FC

工務店と大手メーカーの違いの一つが、資材調達力です。一軒ずつ家を建てていく工務店とは違い、同じタイプの家を多く建てる大手メーカーの場合は資材の大量仕入れが可能となり大幅割引を受けられることも少なくありません。そんな大手メーカーの資材調達力に対して憧れを感じるのであれば、住宅のフランチャイズを考えてみると良いでしょう。
住宅FCを利用すれば、大手メーカーの名前やブランド力を使った営業活動ができるだけでなく、メーカーが持つ様々なノウハウを手軽に学ぶことができます。さらに、ただ名前を借りるだけでなく、大手メーカーが大量仕入れした建材や設備などを使って家を建てることができるというメリットが生まれます。資材の仕入れ価格を抑えることができれば、同じ予算でより良い家を建てることができるようになるでしょう。
住宅FCを利用すると、大手メーカーのブランドイメージを守った家を建てなければいけないなど、多少の制約がつくことになります。ただ、大手メーカーだからこそ使うことができる質の高い資材を使った家づくりができるというメリットも生まれます。そのため、有名メーカーの資材に興味を持っているという場合は、住宅FCを検討してみると良いでしょう。

どこかの住宅FCに加盟したいとお考えなら【ジョンソンパートナーズ】はいかがでしょうか。困ったことがあっても柔軟にサポートしてくれるので非常に頼りになります。

  • 不動産屋

    人手不足の工務店は住宅FCがおすすめ

    最近は新築を購入する人が増えており、ハウスメーカーや工務店は、依頼件数が増えています。喜ばしいことですが、人手不足などで手が回らないこともあります。特に地域に密着した工務店は規模が小さいところが多く、思ったより依頼件数が多いとスケジュールが遅れてしまうなどのトラブルも起きてしまいます。独自の手法や技術でやっていくのは素晴らしいことですが、人手不足だとそれもうまく活用できなかったり、他に手が回…